STC サンテクノカレッジ

コンピュータ・
コミュニケーション科

4年制

企業と連携した共同研究やシステム開発を実践!
難関の国家資格も目指します。
難関資格取得者には学費減免制度もあります。

コンピュータ・コミュニケーション科

学びのポイント

ポイント1

資格取得への挑戦!

1・2年次でしっかり基礎知識を身につけ、基本情報技術者試験を取得し、3・4年次で応用情報技術者試験を目指します。さらに、オラクルやシスコなどベンダー系の資格にも挑戦します。

ポイント2

ひとりから共同への挑戦!

1・2年次には基礎知識の習得のため、個々で演習や課題に取り組みますが、3・4年次では実践を考え、一人ひとりではなく、友達や企業と共同で研究や開発に取り組む機会が増えます。

ポイント3

新しい技術への挑戦!

スマホ向けアプリやVR(仮想現実)の機器を使って新しいサービスや機能の開発、ドローンや小型コンピュータとコンピュータビジョンの融合など、使う側から提供する側の立場として、新しい技術を開発します。


学びのステップ

1・2年次基礎をしっかり学び、専門分野全般の幅広い知識を身につけます。

ゆっくり丁寧な授業の中で、ソフトウェア分野を幅広く学んでいきます。プログラミングを通じて、システムエンジニアに必要な論理的思考能力を身につけます。また、『基本情報技術者試験』の合格も目指します。

3年次専門分野の知識・技術をより深く学び、応用力を身につけます。

1・2年次で幅広く学んだ内容を、より深くしっかり学習します。さらに、新たなプログラミング言語を学んだり、実践的なソフトウェア開発にも挑戦します。また、『応用情報技術者試験』などの難関資格の合格も目指します。

4年次企業との共同研究で実践的な技術を身につけます。

最新の技術を授業に反映し、対応できる知識や技術の幅を広げていきます。企業との共同研究やシステム開発にも取り組み、実践的な技術を身につけます。また、卒業研究にも取り組み、卒業論文を仕上げて研究発表を行います。

就職活動・大学院進学

就職活動も大学院進学も個別指導を徹底し、全力で応援します。

3年次の夏休みなどにインターンシップを行い、実践的な仕事を体験します。共同研究や共同開発をしている企業から内定をもらい、その会社に就職する例もあります。なお、就職の際には、初任給や待遇が4大卒と同じ扱いとなります。また、大学院進学希望者には、個別に入試対策の指導を行っています。


学科内容

セキュリティ、ネットワーク

セキュリティ、ネットワーク

ネットワークの仕組みや暗号理論を学び、さらにセキュリティの脅威に対する知識や技術を学びます。

オンラインショップ構築

オンラインショップ構築

ショッピングサイトの構築でオンラインショッピング・システムの理解を深め、サーバプログラムの基礎を学びます。

ゲーム開発

ゲーム開発

ゲームエンジンUnityを使ったゲーム開発を通じて、インタラクティブなコンテンツ制作技術を学びます。

3Dモデル制作

3Dモデル制作

3Dモデリングソフトを使用して、モデリングの基礎を学び、モデリングしたデータを3Dプリンタで立体化します。

ビッグデータ

ビッグデータ

インターネット上に蓄積されている膨大なデータを、収集、分析、解析し、有益な情報を見つけ出すための手法を学びます。

卒業研究

卒業研究

画像処理の応用、組込系ソフト開発、AI(人工知能)、VR(仮想現実)などの研究テーマを、1年間かけて研究し、成果を発表します。

目指す資格

目指す職業

就職実績

一般教育科目
・英語コミュニケーションⅠ・Ⅱ
・ドキュメント技法Ⅰ・Ⅱ
・ネットワークビジネス
・キャリアデザインⅠ・Ⅱ
・法学
・企業研究
・社会活動Ⅰ~Ⅳ
・スポーツコミュニケーションⅠ~Ⅷ
・ヒューマンスキル
専門教育科目
プログラミング演習Ⅰ~Ⅴ
ソフトウェア工学
ゲームプログラミング演習Ⅰ~Ⅲ
プログラミング技法Ⅰ・Ⅱ
ネットワークシステム
コンピュータグラフィックスⅠ・Ⅱ
アプリプログラミングⅠ・Ⅱ
システム設計Ⅰ・Ⅱ
CADシステムⅠ・Ⅱ
データベース概論
コンピュータアーキテクチャⅠ・Ⅱ
人工知能概論
知識情報システム
コンピュータグラフィックス演習
ソフトウェア設計Ⅰ・Ⅱ
応用プログラミング演習Ⅰ~Ⅳ
ネットワーク演習
Webアプリケーション演習Ⅰ・Ⅱ
WebデザインⅠ~Ⅳ
情報倫理
アプリケーション演習Ⅰ~Ⅲ
インターネット入門・活用
オープンソフトウェアⅠ・Ⅱ
情報数学Ⅰ・Ⅱ
統計学
線形代数学Ⅰ・Ⅱ
解析学基礎Ⅰ・Ⅱ
経済学入門
情報経営学概論
ビジネスサイエンスⅠ・Ⅱ
コンピュータサイエンスⅠ・Ⅱ
アプリ開発Ⅰ・Ⅱ
モデリングⅠ・Ⅱ
人工知能
ネットワークセキュリティ
サーバ構築
暗号理論
ユニバーサルデザイン情報学
量子コンピューティング
データベース演習
ユーザインタフェース設計
ネットワーキング
データマイニング入門
データマイニング応用
オペレーションズリサーチ
経営工学
経済学
経済学演習
応用経済学演習
OS
基礎プログラミング
情報技術特論Ⅰ・Ⅱ
情報工学特論Ⅰ~Ⅳ
プロジェクトⅠ・Ⅱ
デザインパターン
データ通信概論
情報処理概論Ⅰ~Ⅲ
コーディングⅠ・Ⅱ
技術英語
離散数学
光通信概論
専門英語Ⅰ・Ⅱ
基本情報特論Ⅰ・Ⅱ
情報処理特論Ⅰ~Ⅳ
資格試験対策Ⅰ~Ⅸ
基本情報技術者試験特論
公務員試験対策Ⅰ~Ⅷ

時間割(3年次)

  1 2 3 4
09:10~
10:40
10:50~
12:20
13:10~
14:40
14:50~
16:20
コンピュータグラフィックス演習 ネットワーキング 応用プログラミング演習Ⅰ 応用プログラミング演習Ⅰ
解析学基礎Ⅰ 線形代数学Ⅰ ネットワーク演習 ネットワーク演習
経済学 プログラミング技法Ⅱ ネットワークビジネス  
webアプリケーション演習Ⅰ webアプリケーション演習Ⅰ    
オペレーションズリサーチ ソフトウェア設計Ⅰ プログラミング演習Ⅳ プログラミング演習Ⅳ

※時間割の内容は一部変更になる場合もあります。


Message

先生 Message

4年間じっくりと学べ、卒業時には高度専門士の称号と、大学院への入学資格が得られます。

コンピュータ・コミュニケーション科

山本 芳彦先生

コンピュータ・コミュニケーション科 山本 芳彦先生

4年間学ぶことで、2年間では学びきれなかった専門的な知識や技術をじっくりと学ぶことができます。また、就職活動にも余裕を持って取り組めます。卒業時には高度専門士の称号が付与され、大学卒と同等の学歴が得られるとともに、大学院へ進学することも可能になります。

卒業生 Message

4年間で身につけた知識を新たな可能性に向けて使いたい。

山梨大学大学院

医工農学総合教育部
修士課程工学専攻
メカトロニクス工学コース

コンピュータ・コミュニケーション科卒業 M.Nさん

ITを専門的に学ぶならサンテクノカレッジ

元々PCが好きだったこともあり、ITについてもっと専門的に学ぶなら、サンテクノカレッジだと思いました。少人数で授業を受けることができ、先生方にも気軽に相談できる良い環境です。4年間で得た知識をさらに発展させるため、大学院では「スマートフォンを用いた視線検出技術による文字入力システムの開発」を研究テーマに、授業にレポートにと頑張っています。

大学院入試もしっかりサポート

大学院入試に向けて研究室を探している際、先生に情報提供や貴重なアドバイスをもらい、さらに、プレゼンの練習や資料作りもしっかりサポートしてもらいました。大学院は、幅広い分野を学べる場所であり、深い知識も得られます。私は進学したことで世界が広がり、新たな可能性が見つかりました。ぜひ、サンテクノカレッジから大学院を目指してください。

ページの先頭へ